宮崎本格焼酎応援サイト Dareyami だれやみ
だれやみとは、一日の疲れを癒す晩酎のこと。
twitter
facebook

櫻乃峰酒造有限会社

brewery

櫻乃峰酒造有限会社

櫻乃峰酒造の歴史

お客様に誠心、誠意を尽くす「小さな蔵」

 1877(明治10)年創業の櫻乃峰酒造。昔ながらの製法にこだわり、「お客様に誠心、誠意を尽くす"手造り""手運び"の小さな蔵」を理念に焼酎造りを行っています。主な銘柄は従来からのブランド「だれやみ」と、1995(平成7)年に発売した「平蔵」(芋/麦)。「平蔵」は、1994(平成6)年に6代目社長が蔵を受け継いだ時に新しく造った銘柄で、「平成の蔵」を略して名付けたそうです。

 現在は、7代目の橋本彰史氏が代表取締役を務めています。

造りへのこだわり

かめ壷

伝統を守り抜く製法

 もろみの発育を良くするため、創業以来、一次仕込みも二次仕込みもかめ壺で行っています。使用するかめ壺は温度管理や作業効率を考え、半分くらいしか埋め込まれてありません。

 厳選された黄金千貫は、樹齢80年から100年の飫肥杉で作られた「木桶」を使用し蒸気で蒸し上げます。こうすることで芋の余分な水分が抜け、甘みが引き出されます。昔ながらの木桶で蒸すのは、全国でも珍しいのだそうです。

マイルドな香りや味

 蒸留の方法にもこだわりがあります。蒸留には常圧蒸留と減圧蒸留の2種類がありますが、櫻乃峰酒造では減圧蒸留を主力にしています。芋独特の香りが引き立つハードな焼酎になる常圧蒸留に対して、減圧蒸留は常圧の半分くらいの温度で蒸留するため、華やかな香りが強調され、優しい口当たりのマイルドな焼酎ができあがります。

 製造から製品になるまですべて「手造り」「手運び」であるため、徹底した品質管理をしています。

減圧蒸留製造から製品になるまですべて「手造り」「手運び」であるため、徹底した品質管理をしています。
取材一口メモ
飫肥杉でできた木桶

飫肥杉でできた木桶は、一度に750キロもの芋を蒸すことができます。1時間ほど蒸して冷却した後、木桶の中に入りスコップで掘り出していくのだとか。体力勝負のかなりハードな作業です。今年の秋の仕込みの時期には私も体験させてもらおうと思っています!

櫻乃峰酒造の焼酎

造り手と小売店、飲み人をつなぐ

 手造りにこだわって造っているので、できあがる量にも限りがあります。女性を中心に都会の人たちにも飲んでもらいたいと、主に首都圏を中心とした小売店での販売を行っています。もちろん蔵元でも購入可です。

 取り引きのある小売店には、一緒に焼酎造りを体験してもらっているのだそう。焼酎造りに対する喜びや苦労を共有することで、蔵元と小売店の両方の愛情が込められた焼酎が飲み人に届きます。

季節を感じながら味わう

飫肥杉でできた木桶 2001(平成13)年に、黒麹で仕込んだ焼酎「黒麹平蔵」を発売。ロックで気軽に飲んでもらいたいという杜氏の想いで造られ、熊本国税局酒類鑑評会では優等賞を受賞しています。

 また日南市の桜の開花に合わせて発売する「春一番」やイルカのラベルが涼しげな夏期限定の「平蔵 涼ラベル」、毎年11月に限定販売する「平蔵紫芋」など、季節とともに違った味わいを楽しめる銘柄がそろっています。

 樫樽でゆっくりと熟成させた「長期貯蔵平蔵」は麦が原料。アルコール度数が40度あり、芳醇な香りとコクが持ち味です。

取材一口メモ

「黒麹平蔵」は芋の香りがとてもマイルドで飲みやすいので女性にもおすすめです。ぜひロックで楽しんで!

杜氏紹介

代表取締役 橋本彰史氏

代表取締役 橋本彰史氏

 「華やかな香りとやわらかい口当たりが特長の減圧蒸留にこだわり、女性にも飲みやすい焼酎造りをしています。焼酎は麹や酵母に働いてもらって醸し出すもの。自分たちは愛情を持って手助けをしているだけで、子育てとも似ていますね。手塩にかけて造り上げた焼酎を、大勢でワイワイと語り合いながら飲んでもらえればうれしいです」。

会社概要

会社名 櫻乃峰酒造有限会社
住所 宮崎県日南市大字隈谷甲1192
電話 0987-27-0271
FAX 0987-27-2207
蔵見学 10名まで可・事前に電話で予約(9:00~16:00)
webサイト http://www.sakuranomine.com

周辺マップ


このエントリーをはてなブックマークに追加
焼酎女子 女の子だって、だれやみ woman
だれやみチューブ だれやみってるか~い!? movie
焼酎ラベル 蔵元の想いが光り輝く label
焼酎の飲み方 より味わい深くより旨く drink
だれやみ川柳 そこはかとなく、だれやみ senryu
このページの先頭へ